販促物デザイン・チラシ印刷・フライヤー印刷・パンフレット印刷・はがき印刷・封筒印刷・ポスター印刷・名刺・オンデマンド
販促物デザイン,印刷のサン印刷電話番号0558-22-1291,営業時間8時30分から17時30分,定休日 土曜・日曜・祝祭日・年末年始
topbisinesscompanydatareference
よくあるご質問
     
多いご質問

→大きな容量のデータは送れますか
→印刷に使用できる画像について教えてください
→解像度が72dpiの画像の印刷について
→デジカメなどのjpgの画像は使えますか
→ファイル名に使用できない記号
→CMYKとRGBの違い
→イラストレーターCSで作成したデータは出力できますか
→PDFデータは出力できますか
→スキャニング原稿の対応サイズについて
→出力対応フォントについて

     
   

→大きな容量のデータは送れますか

メールで10MBまでのデータ容量しか受け取れません。大きな容量データの受け渡しは確実なCDかUSBメモリでお願いします。また、完全データでもプリント見本が必要ですので郵送か宅配便をご利用ください。

→印刷に使用できる画像について教えてください

一般的なカタログ、チラシなどは印刷線数が150線〜175線です。使用する写真や画像の適正解像度は配置された原寸サイズで350dpi〜400dpiになります。
プリンターでのオンデマンド出力では多少解像度が低くてもよいのですがどの状態でも対応できるように350dpiは確保しておくとよいと思います。

→解像度が72dpiの画像の印刷について

通常のオフセット印刷に適した解像度は原寸で350dpiです。イラストレータ上で72dpiの画像を原寸サイズで使えば、仕上がりは、ジャギーが目立つ荒い仕上がりになります。ただし、20%以下に縮小して使えば、ほぼ原寸350dpiと同等の仕上がりになります。

→デジカメなどのjpgの画像は使えますか

最近のコンパクトデジカメでも500万画素〜800万画素の解像度もある機種が増えてきました。
しかし、せっかく解像度が高くても枚数を稼ぐためnormalやそれ以下のサイズで撮られていては本来の性能が生かしきれていません。印刷目的の場合はFINE以上に切り替えて撮られると対応の幅が広がり、印刷にも耐えられます。
携帯電話のデータは300万画素であっても、小さいレンズと受光素子ではやはり難があります。
よほど小さく使用するのであれば、それなりですが可能です。

→ファイル名に使用できない記号

使用できない記号はシステム上で使用するものと定義し、ファイル名に指定出来ないルールとなっています。以下の記号はファイル名に使用できません。 「/」「>」「<」不等号、「?」疑問符、「:」コロン、「"」ダブル クォーテーション、「\」円記号、「*」アスタリスク、 「|」縦棒、などです。

→CMYKとRGBの違い

CMYKは色の三原色、RGBは光の三原色になります。RGBはTVなどのモニターや光を発するものに使われる色で、印刷に使われるCMYKとは色再現範囲が 異なるため、ホームページに使用する画像の画像モードはRGBを設定します。(同じ理由でRGBデータは印刷物では再現出来ません。)

→イラストレーターCCで作成したデータは出力できますか

はい。Ver.8からCreative Cloud最新版(ver.18)まで対応しております。
その他バージョン・アプリケーションについては「入稿上の注意」をご覧下さい。

→PDFデータは出力できますか

対応しております。但し、フォントエンベッド(埋め込み)で、解像度も適正な印刷用PDFである必要があり、 入稿後の修正対応はデータ確認の際にご相談いただきます。

→スキャニング原稿の対応サイズについて

当社のスキャナーは、原稿サイズは最大A3までで、仕上がりも、最大でA3原寸350dpiまでとなっております。

→出力対応フォントについて

当社出力対応フォント表を参照して下さい。基本的にはそれに表記しているフォント以外はアウトライン化して下さい。なお、1バイトの欧文やTruetypeフォントについてはアウトライン化するか、Fontデーターを添付してください。

 
mascot on map